洗ったポロシャツの干し方

洗ったポロシャツの干し方

ポロシャツは、型くずれしやすいデザインですが、それでも洗い方や干し方に注意すれば、思ったより長く着用できます。
やさしく洗いあげたポロシャツは、洗濯機のすすぎの際に、洗濯のりをいれると、型が損なわれずに、しっかりとしゃきっと仕上がります。
こうして、洗った後は、干す前によく脱水します。

 

ただし、脱水する際には、時間を短めにしましょう。
長いと、シワや型崩れの原因になります。
そして、タオルに包んで、上から叩いて、水を落とします。

 

シワを伸ばしたら、ハンガーにかけて、襟をたてて、ボタンはすべてかけておきましょう。
こうすることで、ポロシャツの型がそのまましっかりと保てるようにハンガーにかけてください。
ハンガーにかける際に、ボタンをかけないと、襟元が折れた状態で乾きますので、やはりそれも型崩れの原因となります。
ポロシャツも、夏のアイテムの中で、割りと気軽にコーディネートができる定番だと思いますが、洗濯の際にいくつかのポイントに気をつけると、それだけでもより長持ちします。