ポロシャツのワンポイントロゴ

ポロシャツのワンポイントロゴ

ポロシャツのデザインは、どれも大変似通ったものです。
どのメーカーのものがどのポロシャツなのかを判断するには、すぐにわかるのがロゴです。
ポロシャツについているロゴは、大変特別なもので、これがあるかないかによって、値段が変わってきます。

 

そのロゴを見て、どんな商品を身に着けているのかわかるので、ロゴはいわゆるステイタスシンボルのようなものかもしれません。
また、そのロゴが出来るまでの歴史がひとつひとつあるので、大変興味深く、一度それぞれのロゴの歴史について調べるのも、なかなかおもしろいかもしれません。
例えば、フランスのアパレルブランドで、ラコステがありますが、このラコステはプロテニス選手だったルネ・ラコステが1933年に、ニット製造会社の社長と組んで、緑色のワニのロゴの入ったポロシャツを製造したのが始まりでした。

 

また、イギリスの名選手として今も崇められているフレッド・ペリーは、1952年にフレッド・ペリー・スポーツウエア社を設立して、この月桂樹のマークのポロシャツで有名になりました。
一時は、モッズスタイルを提唱する若者たちにも大変人気を博し、盛んに着用されていました。